ジェンダーSF研究会 The Japanese association for gender fantasy & science fiction

ジェンダーSF研究会 » Sense of Gender賞 海外翻訳部門 » 2010年度 第6回Sense of Gender賞 海外部門

Sense of Gender賞 海外翻訳部門

2010-2011年度 第6回・第7回Sense of Gender賞 海外部門

2010-2011年度 第6回・第7回Sense of Gender賞 海外部門 受賞作品

2010年度 海外部門

2011年度 海外部門

2010-2011年度 第6回・第7回Sense of Gender賞 海外部門 最終選考作品と講評

2010年度 海外部門

2011年度 海外部門

2010-2011年度 第6回・第7回Sense of Gender賞 海外部門について

皆様お待たせしました。Sense of Gender賞(センス・オブ・ジェンダー賞、以下SOG賞)海外翻訳部門の発表と講評をお届けします。。
 SOG賞海外翻訳部門は、当該年度の1月1日から12月31日の間に日本国内で刊行された翻訳作品を対象に選出する賞で、本年は、2010・2011年度の合同選考会となりました。

 2012年12月15日、高輪区民センターで行われたジェンダーSF研究会会員による選考会において、2010年大賞はバーナード・ベケット『創世の島』、2011年大賞はN.K.ジェミシン『空の都の神々は』に決定しました。

 日本編海外編を問わず、例年、選考過程で争点のひとつとなるのが、シリーズ物をどう扱うか(完結してから選考するか? 単独の物語として扱うか?)です。今回も、選考過程で「これは完結してから審査の対象に」と先送りした作品が数点ありました。

 そのような中で『空の都の神々は』は、広義のシリーズ物ではありますが、単独作として完成度が高く、ジェンダー的な着眼点が豊富で、2011年度の大賞として文句のない作品といえます。そして、この講評集をきっかけに本作を読み、共通する世界を描いた他作品へと手を伸ばした方がいたら、これに勝る喜びはありません。

 一方、2010年大賞『創世の島』は、ワンアイデアの破壊力を持った「ただひとつの物語」です。読み終わった後しばし呆然とし、「結局、あっちはどうなったの?」と思うことがひとつふたつは残るかもしれませんが、フォローはありません、たぶん。そのような思いを抱えた我々と、ぜひ、そのような思いを共有してくださることを祈って、本作品を語りたいと思います。

 他の最終候補作についても、熱意のこもった講評を掲載しました。併せて楽しんでくださいますように。
 また、本講評についてのご意見、ご感想などぜひお寄せください。楽しみにお待ちしております。

(2012年12月28日 ジェンダーSF研究会 一同)

このサイト内の画像・文章の無断転載はお断りします。
Copyright ©2001-2016 The Japanese Association for Gender Fantasy & Science Fiction. All Rights Reserved.