ジェンダーSF研究会 The Japanese association for gender fantasy & science fiction

ジェンダーSF研究会 » Sense of Gender賞 海外翻訳部門 » 2007年度 第3回Sense of Gender賞 海外部門

Sense of Gender賞 海外翻訳部門

2007年度 第3回Sense of Gender賞 海外部門

2007年度 第3回Sense of Gender賞 海外部門 受賞作品

2007年度 第3回Sense of Gender賞 海外部門 最終選考作品と講評

第3回Sense of Gender賞 海外部門について

 Sense of Gender賞とは、2000年に発足したジェンダーSF研究会により運営されている賞です。この賞は、前年度の一月一日から一二月三一日までに刊行された、日本国内のSF&ファンタジー関連作品を対象に、性的役割というテーマを探求し深めたものに与えられるものです。ひらたくいうと、SF的にジェンダーについて深く考えされる日本の作品を選び、「あなたのSF的ジェンダー考察はすばらしい」と一方的に褒め称えさせていただく賞です。命名はSF評論家の永瀬唯氏によります。国内部門は2007年度第7回めを迎えています。Sense of Gender賞海外翻訳部門は、2005年度から始まり、今回で2007年度(第3回)を選出することができました。

アメリカではSF作家パット・マーフィーとカレン・ジョイ・ファウラーふたりの発起人により一九九一年に設立されたジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞があり、Sense of Gender賞も海外翻訳部門の設立が望まれていました。ジェンダーSF研究会ではティプトリー賞コミュニティと連絡を取り合い、その協力を得て海外翻訳部門を実現することができました。

 海外部門は、前年度の一月一日から一二月三一日までに刊行されたSF&ファンタジー翻訳作品を対象にしております。メインである国内部門と同様、ソーシャルネットワークmixiのジェンダーSF研究会コミュニティにて候補作を広く募ったのち、正会員が最終候補作を決定、最終投票を行います。
本年度はティプトリー賞のショートリストに習い、推薦された作品をすべて候補作として対象としました。選考方式はクmixiのアンケート機能を使用し、ジェンダーSF研究会正会員による投票を採用しました。しかし二度の投票を行った後も票が割れ、最終的に正会員により討論にてウェン・スペンサー『ようこそ女たちの王国へ』(ハヤカワ文庫SF)が大賞に選出されました。投票方法など、これからもいろいろと模索しながら、よりよいものを目指していきたいと思います。ご意見ご感想などありましたら、フォームからお寄せください。

 SFやファンタジーという空想的な世界では、既存の男女といった単純な性差に二分化されない、自由な発想があります。特に海外部門では、過去の作品がいま訳出されることがあり、そこの描かれた古いジェンダー観を現在の視点から見るおもしろさを味わうことができます。
  本年度は19世紀のメアリ・シェリー(『最後のひとり』原書は1826年の作品)から、21世紀の現役作家までという幅広い作品が候補に上がりました。異種格闘技場のような候補作リストも、ジェンダーという切り口に特化したSense of Gender賞ならではでしょう。それぞれの作品の認識的異化作用をお楽しみください

 ジェンダーSF研究会正会員による、書評は最終候補作品として評を争った、ウェン・スペンサー『ようこそ女たちの王国へ』、 ジョー・ホールドマン『擬態―カムフラージュ』、キャロル・エムシュウィラー『すべての終わりの始まり』、 ケリー・リンク『マジック・フォー・ビギナーズ』 の4作品を公開しました。

(ジェンダーSF研究会SOG賞幹事 おのうちみん)

このサイト内の画像・文章の無断転載はお断りします。
Copyright ©2001-2016 The Japanese Association for Gender Fantasy & Science Fiction. All Rights Reserved.