ジェンダーSF研究会 The Japanese association for gender fantasy & science fiction

ジェンダーSF研究会 > Sense of Gender賞

Sense of Gender賞

Sense of Gender賞について

Sense of Gender 賞は、前年度の1月1日から12月31日までに刊行されたSF&ファンタジー関連作品を対象に、性的役割というテーマを探求し深めたものに与えられるものです。ひらたくいうと、「SF的にジェンダーについて深く考えさせる日本の作品を選び、あなたのSF的ジェンダー考察は、すばらしい」と、一方的ではありますが、褒め称えさせていただく賞です。

主宰はジェンダーSF研究会が行っております。海外では、アメリカの女性SF作家パット・マーフィーとカレン・ジョイ・ファウラーが発起人となり、多くの女性SF作家&ファンが運営するジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞が、1991年に同様の趣旨で設立されています。ジェンダーSF研究会は、その主催者たちと連絡をとりあいながら、2001年から日本でも同様の活動を行っております。

Sense of Gender賞 国内部門 受賞作品リスト

2001年度 第1回Sense of Gender賞
2002年度 第2回Sense of Gender賞
2003年度 第3回Sense of Gender賞
2004年度 第4回Sense of Gender賞
2005年度 第5回Sense of Gender賞
2006年度 第6回Sense of Gender賞
2007年度 第7回Sense of Gender賞
2008年度 第8回Sense of Gender賞
2009年度 第9回Sense of Gender賞
2010年度 第10回Sense of Gender賞
2011年度 第11回Sense of Gender賞
2012年度 第12回Sense of Gender賞
2013年度 第13回Sense of Gender賞
2014年度 第14回Sense of Gender賞
2015年度 第15回Sense of Gender賞

Sense of Gender賞 海外翻訳部門 受賞作品リスト

2005年度 第1回Sense of Gender賞 海外部門
2006年度 第2回Sense of Gender賞 海外部門
2007年度 第3回Sense of Gender賞 海外部門
2008年度 第4回Sense of Gender賞 海外部門
2009年度 第5回Sense of Gender賞 海外部門
2010年度 第6回Sense of Gender賞 海外部門
2011年度 第7回Sense of Gender賞 海外部門
2012年度 第8回Sense of Gender賞 海外部門

このサイト内の画像・文章の無断転載はお断りします。
Copyright ©2001-2017 The Japanese Association for Gender Fantasy & Science Fiction. All Rights Reserved.